So-net無料ブログ作成

♪ 減胎手術 「異常胎児を選んで」長野 ♪ [ニュース]

スポンサーリンク




「減胎手術」のことが長野の事件で話題となています。

「異常胎児選んで、減胎手術…長野の産科医」という見出しをみました。

「減胎手術」に関しては、人の命が関わることですからいろいろな考え方があると思います。

ただ、今回の件に関しては、どうなのかと…。

多胎妊娠というのは不妊治療を行ううえで増えるリスクというのは、不妊治療をしているかたはもちろん知っています。
その中での減胎手術だから問題になるのでしょうか?

「異常胎児」についてのリスクや堕胎の話というのは普通に妊娠したかたにももちろん今までも行われていたと思うし、病院から堕胎の相談というのもあるとおもいます。

例えばそれが1人だけの妊娠でもです。でも、そのことについてはあまり触れられていません。

異常胎児を多胎妊娠した方が選んで減胎手術したということにのみ焦点を合わせたものになっているようですね。

そもそも不妊治療をしている方の気持ちや苦労などについてこの記事を書かれたかたは考えてらっしゃるのでしょうか?本当に子どもが欲しいからこそその苦しみを超えて不妊治療を行いやっと妊娠でいたことの喜び。わかっているのでしょうか?
そのやっと自分の中に宿った命を削るくるしみ。それはどんなに苦しいかということも考えていらっしゃいますか?

確かに妊娠したことは嬉しい。でもその子どもを自分の手に抱くまでは親というのは安心できないものですし、信じることができず不安を抱いているものだとおもいます。
その中で、医師からのリスクの説明があれば当然
「一人でもいい、自分の手に元気に産まれた我が子を抱きた」
と医師の言葉を信じるのではないでしょうか?

そして医師はもちろん、リスクについて説明する義務を国から負わされているのではないでしょうか。

しかも、子育てというのは中途半端な気持ちでできるものではありません。自分の人生、一生をかけて行う大事な務めです。
産まれたあとのことも考えてしまうのは仕方のないことではないでしょうか。
その中で、元気で状態の良い子を優先して残すのはいけないことでしょうか?
だって、お腹の中でダメになってしまう命も沢山あるのですから。

なぜ、今回の報道がこのように特定の人を誹謗中傷するようなことになったのか不思議でなりません。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。